Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
 Search
 新着
 
 カテゴリー
 最近のコメント
 過去ログ
 管理人
 QR Code
qrcode
 お奨め?
 Links
 Others
* TOP * >>

DayDream

白昼夢とは限らない・・・・。


 2015.12.04 Friday
SONY UDA-1でハイレゾ未満

 SONY UDA-1を買ったのでハイレゾを覗いてみたが、結局、ハイレゾ未満のCD音質(44.1kHz/16bit)で充分かな、という結論になった。

 最初に検討したのは、お大尽コース
 要するにハイレゾ配信サイトから音源をどんどん購入していこうというもの。こちらのサイトをみるとSONYが提供するmoraだと音源を販売している間は、何回でも再ダウンロードができるので、大きなサイズのハイレゾ音源をバックアップしなくてもいい。
 ハイレゾ音源(主にflac)はiTunesでは再生できないので(Appleは、将来的なflac形式の著作権・訴訟リスクを憂慮してiTunesは対応しないとか)dBpowerAMP Music ConverterとかでiTunesの形式(AAC/256bitとか)に変換してしまえばいい。これならスマホでも聞ける。

 次はCDのアップコンバート。CDは44.1kHz/16bitだが、こちらのサイトなどを見ると上記のdBpowerAMP Music Converterで96kHz/24bitにアップサンプリングすると音が変わるというので試してみた。
 う〜ん、微妙・・・。高音がどんどん難聴になりつつある自分にはあまり差は感じない。まあ、1曲試しただけではあるが・・。
 逆にもともとハイレゾの96kHz/24bitの音源を44.1kHz/24bitにダウンコンバートすると・・・・、これは間違いなく音質は劣化するが、それでもCD音質よりは上なので、iTunesのAACよりは全然良い。
 気になるファイルサイズは、例えば4分弱のJPOP(というジャンルがなかった頃の松田聖子デビュー曲だったりするが)で、ハイレゾが126MB、44.1kHz/24bitが44MB、44.1kHz/16bitで27MB、iTunesAACが7MB・・・。10曲程度のアルバム1枚では44.1kHz/16bitなら300〜500MBだが、ハイレゾだと2GBくらいになってしまう。この差はかなりのもの。
 手許のPCのiTunesに登録されているアルバムは現在1,740枚、15,282曲、ほとんどが図書館などでの借り物の蓄積で自前のものは300枚くらい。

 最後にCD音質のままリッピング
 ためしに、dBpowerAMP CD RipperでCDをリッピング(標準のflac 44.1kHz/16bit)した。
 音はCDと変わらない。細かい部分はよくわからないが、44.1kHz/16bitをそのままリッピングして44.1kHz/16bitにしているので変わらないと思う。CDを再生しながらリッピングした音源と切り替えながら聞き比べたが、差は感じない。
 これで良くね?

 しかも、このdBpowerAMP CD Ripper というソフトは良くできている。ジャケットアートワークも海外ものはもちろん国内アーティストも有名どころは自動で表示してくれる。曲名取得のタグを検索するサイトも複数備えており複数サイトからの結果を選択できる。もちろん手入力も可能。

で、先週末に、190枚ほどのアルバムをリッピング。
その結果、該当フォルダの容量は「2375 個のファイル 61,998,977,189 バイト」でした。ざっくり60GBというところでしょうか。これをもし、96kHz/24bitのハイレゾにするとこの5倍、300GBを使うことになる。たかだか200枚程度でこれでは、いくら最近HDDが安いとは言っても、いくらあっても足りない。
 ぼくのスマホ(SONY XpediaZ1)はもともとハイレゾ対応しているのでFLACのままで再生できるが、まあ44.1kHz/16bit程度のサイズならまあ許せる。

 ということで、いささか貧乏性な結論になった(やる前からわかっていたが)。

 あ、でもハイレゾが音がいいのは間違いないし、通常のアルバムよりも少し高い程度なので、これはというアルバムがあれば、これかも買いますよ、たまにだけど。
* by 多摩の岳夫 * 00:23 * 音楽 * comments(0) * - *
 2014.11.01 Saturday
竹内まりや「TRAD(初回限定盤) (DVD付)」
竹内まりや「TRAD(初回限定盤) (DVD付)」
 熱心なファンというわけではないけど、最近は彼女のアルバムをよく聞いているせいもあり、結局買いました(ヤフオクで)。
 DVD付だが、このDVDはかなりいい。通常、CDに付属するDVDはプロモーションビデオで使ったビデオが数曲、おざなりに収録されていることが多いが、これはミュージックビデオ1曲のほかに2000年のsouvenir 2000 LIVEから4曲が収録されている。souvenir 2000 LIVEはCDは持っているがビデオは見たことがなかったので嬉しい。さらに、Digest of Mariya Takeuchi というミュージックビデオが90年代後半から今年までの主な曲のメドレービデオになっている。山梨県の山高神代桜に触れながら歌った(正確にはイメージシーン)「人生の扉」も一部収録。
  ちなみにDVDは35周年記念のためか、35分。

 残念なのはジャケット写真。当然、本人は了解しているんだろうけど、ブックレットの中の写真に比べて、老けすぎている感じを受ける。まあ、彼女も来年には60歳ですが、ブックレットやミュージックビデオではもっと若々しい。
* by 多摩の岳夫 * 18:34 * 音楽 * comments(0) * - *
 2012.08.11 Saturday
稲垣潤一「男と女-TWO HEARTS TWO VOICES- 」
稲垣潤一「男と女-TWO HEARTS TWO VOICES- 」
2008年発売の稲垣潤一と女性シンガーとのデュオ。木綿のハンカチーフを太田裕美本人が出ているのが凄いが、考えてみれば彼女も現役有名シンガーの多い1955年生まれ。声が変わらないのは当然かも。
 アルバムの評価は上記AMAZONのリンクをご参照。40代以上にはお奨め。

曲目リスト
1. Hello, my friend(松任谷由実/1994年7月27日)/ 高橋 洋子
2. 悲しみがとまらない(杏里/1983年11月5日)/ 小柳ゆき
3. あなたに逢いたくて (松田聖子/1996年4月22日) / 松浦 亜弥
4. Piece of my wish(今井美樹/1991年11月7日)/ 辛島 美登里
5. セカンド・ラブ (中森明菜/1982年11月10日) / YU-KI from TRF
6. サイレント・イヴ(辛島美登里/1990年11月7日)/ 大貫 妙子
7. あの日にかえりたい(荒井由実/1975年10月5日)/ 露崎 春女
8. 人生の扉(竹内まりや/2007年5月23日)/ 白鳥 英美子 with 白鳥 マイカ
9. 木綿のハンカチーフ(太田裕美/1975年12月21日) / 太田 裕美
10. 秋の気配(オフコース/1977年8月5日) / 山本 潤子
11. ドラマティック・レイン(稲垣潤一/1982年10月21日) / 中森 明菜
* by 多摩の岳夫 * 15:12 * 音楽 * comments(0) * - *
 2012.03.31 Saturday
角松敏生「REBIRTH 1」
角松敏生「REBIRTH 1」Sonny Clark「Cool Struttin'」
 珍しく?品薄状態で一時はAMAZONでも5000円以上になっていた角松敏生のセルフリメイクアルバムを入手。80年代前半の若かりし頃の曲のリメイクが多く、気持ちがいい曲が多い。

 今回は曲以外では自身が解説したライナーノーツが一番いいが、ジャケットもいい。
 ヒールの女性と車で、都会の日常を描く構図はライナーノーツで角松本人が述べているとおり、JAZZの名盤「COOL STRUTTIN'」を意識したものだ。
 車はランボールギーニ・ガヤルド。ガヤルドはエンジンがV10なので、V12のカウンタックの系統のアヴェンタドールよりはランクが下だが(それでも3000万円近くする)、2003年販売開始ながらいまでも十分通用するデザインなので被写体としてよく使われる。
 角松敏生の曲を象徴するジャケットだ。
* by 多摩の岳夫 * 22:19 * 音楽 * comments(0) * - *
 2012.03.20 Tuesday
スピーカー用耐震ケーブル
ティグロン チューニングベルト1.5m・2本 TB-15W(TIGLON)
 こんなのをスピーカーに巻きつけてみた。
 PC用のスピーカーはPCラックのプリンター台の上に、中央にアンプ、左右にスピーカーが置いてある。アンプは耐震ジェルを足にかませたが、スピーカーはインシュレーターの上に乗っているので耐震ジェルではダメで、かといって家具用の固定金具も合わない。ネットを探したら、この商品がわりと定番らしい。もともとは1本ごとのスピーカー台にインシュレータごとスピーカーを固定するものらしいが、それなりの耐震強度も一応あるらしい。
 2.5mのもので左右から2つのスピーカーをまとめて縛る方法もあるだろうが、要するに前に飛び出て落ちてこない方が重要なので、1.5mもので前後から縛った。スピーカーの上部に手をかけて手前に引っ張る程度ではびくともしないので、震度7はともかくそこそこは大丈夫だろう。カッコ悪くなったがしょうがない。
* by 多摩の岳夫 * 16:58 * 音楽 * comments(0) * - *
 2011.11.21 Monday
PCオーディオ完成?
 いろいろ試行錯誤の結果、PC周りの音響環境は以下のとおりとなった。

 ・アンプ:ONKYO A-922M
 ・スピーカーA:ONKYO D-202A スピーカーB:Victor SX-L33
 ・インシュレーター: audio-technica AT6089CK
 ・CDプレーヤー: Pioneer DVD-2020
 ・サブマシン用音源ボード:ONKYO SE-150PCI

 CDプレーヤー(実はDVDプレーヤー)とインシュレーター以外はヤフオクの中古。SX-L33は既存

 以前にも書いたが、当初はYAMAHA NS-1000MMを購入して、SX-L33は売却する予定だったが、聞き比べたらちょっと気が抜けてしまい、NS-1000MMを売却することを想定して別のスピーカーをネットで探した。価格や大きさの問題もあり、AVアンプに接続しているD-102A Compactの音質が気に入っているので、結局兄貴分のD-202Aにした。
 実際にD-202Aを聞いてみると、D-102A Compactときわめて似ている。さすが兄弟。兄貴格のD-202Aは102Aよりも音圧レベルが高く、中音域の元気が良い。大きさも102Aより大きい分低音もこの大きさの割りには良く鳴る。 102A,SX-L33と3つの中では一番音質が良いので、一番聞く機会が多いPCにA-922M経由で接続。同じくA-922MにつないでるSX-L33と切り替えて聞くと、NS-1000MMとの比較では、ずいぶん元気がよく思えたSX-L33が上品に聞こえる。それならSX-L33をより上品に味付けするかと、高音が伸び、低音を抑える傾向のインシュレーターaudio-technica AT6089CKを購入、19日に届いた。置いてみたらそのとおりになった。

 まあ、そんなわけで1か月近くバタバタと売り買いしていたが、環境は一応完成。またムシが騒ぐ時期まではこの構成でいく。

 購入および売却代金
【購入】
A-922M:¥6,980 D-202A:¥5,099 YAMAHA NS-1000MM:¥8,600 AT6089CK:¥1,690 DVD-2020:¥3,420 SE-150PCI:¥1,480  RCA変換ケーブル:¥100 合計:¥20,389 + 送料概算 ¥3,000
【売却】
ONKYO CR-185供憤柄阿離▲鵐廖:¥3,000 NS-1000MM(音質合わず売却):¥7,860
ONKYO C-722M(音飛びありのCDプレーヤー):¥1,100 C-705X(同左):¥1,000
ONKYO GX-70HD(サブマシン接続スピーカー):¥4,800 EPSON GT-9400UF(スキャナー。スペース捻出のため):¥5,530 合計:¥23,290

 購入はほぼ予定どおりの金額。売却で意外だったのは、左右同型でエンクロージャーに傷ありにも関わらず人気機種のせいか、NS-1000MMがそれなりの価格だったこと(それでも購入価格より安いが、試聴料と思えば良い)、GX-70HDもPC用スピーカーとしては人気機種のせいか、それなりの価格。そして、スピーカー2系統構成のための設置スペースのために売却したスキャナー。ハードオフに持ち込み査定してもらったら「10円」と言われ、さすがに持ち帰ってきたもの・・・。(ノーブランドの小さいPC用スピーカー1セットは同じく10円で引き取ってもらった。オクに出してもせいぜい100円で、作業のほうが手間なので・・・)もっとも、スキャナーが高額だったのは、同じ機種の出品商品に不足していることが多かったフィルムスキャン用部品が揃っていたためだろう。
* by 多摩の岳夫 * 00:31 * 音楽 * comments(0) * - *
 2011.10.23 Sunday
ONKYO SE-150PCI
SE-150PCI
 サブPC(XP)の音源をアンプにつなげようと思ったら、オンボードのカードが不良らしく、前面のヘッドホンは正常なのにリアの出力の片チャネルがNG。ヘッドホン端子からの出力は低すぎてアンプにつないでも音量を相当上げないと聞こえない。
 ということでサウンドカードをヤフオクで探した。
 昔はサウンドカードといえばサウンドブラスターでゲーマーには今でも人気があるようだが、種類が多すぎて良くわからないので、ONKYOを探す。ちなみにメインPC(Win7)に載せているボードはサブPCに載っていたSE-90PCIである。


SE-90PCI

 サブPCなんで90PCIならベスト、80PCIでもいいと探すがけっこう高い。5,000円程度する。と思っていたら思ったら思わぬ安値でSE-150PCIが出品されている。SE-150PCIは90PCIを購入した頃にまだ高価で断念したカードだ。ONKYOのサイトを見ると、Windows7用のドライバーも出ている。
 通称「石油コンビナート」と言われる外観(見てのとおり・・・)のこのカードはメーカーディスコンだが現役で販売中。AMAZONでは新品9,800円、中古でも6,000円近いSN比110dbはSE-90PCIと同じ。違いは録音までできる。ということで即決1,470円で入手。
 手持ちのアナログレコードをおおよそデジタル化したし、最近のiTunesによるCDの取り込み音質を考えれば、すぐに録音機能を使う必要はなさそうだが、Windows7までカバーされるのであと10年近く現役でいられるカードかも(90PCIもそうだけど)

 というわけでサブPCも格安でメインPCと同じ音質を確保した、というお話。

P.S ONKYOのこれらのカードを使うとPC用のアンプ内蔵スピーカーは接続できなくなるが、音の差があほらしくてPC用スピーカーを聞きたくなくなるのも事実。困ったもんだ。
* by 多摩の岳夫 * 22:13 * 音楽 * comments(0) * - *