Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
 Search
 新着
 
 カテゴリー
 最近のコメント
 過去ログ
 管理人
 QR Code
qrcode
 お奨め?
 Links
 Others
* TOP *

DayDream

白昼夢とは限らない・・・・。


 2018.07.08 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
 2015.01.24 Saturday
伊藤正一「定本 黒部の山賊」
伊藤正一「定本 黒部の山賊」
 北アルプスの雲ノ平と言えば、伊藤新道の伊藤正一さん。昭和39年に刊行された「黒部の山賊」が定本となって2014年に出版された。表紙は一目でそれと分かる畦地梅太郎の版画。1923年生まれの伊藤さんは90歳を超えるがまだまだ元気。高瀬ダムによってバスもなくなり、廃道になってしまった伊藤新道の復興をまだ狙っている。
 そんな伊藤さんが黒部源流地域を開拓した昭和20年代から30年代初頭にかけての山賊(猟師)たちとの交流録である。彼らがあの水平歩道(旧日電歩道。今は立山黒部アルペンルートになっている資材運搬用道路を作るためのそのまた資材運搬道路の一部 )を開削したそうだ。足元は200mの絶壁で歩くだけでも怖い道を鑿だけで開拓できたのは彼ら以外には居なかっただろう。あれがなければ黒部ダムもできなかったわけで、下界では暮らせない彼らが下界で使う電気の元を作ったわけだ。
 副題に「アルプスの怪」とあるようにここには科学では説明できない怪奇現象や超常現象も多数収録されている。
 人の3,4倍の速度で山を歩き、カモシカ1000頭、クマ300頭を仕留め、歩きながらイワナをどんどん釣り上げる山賊たち。初期の雲ノ平と黒部源流の景色が行ったことのない人の頭にも思い浮かんでくる。

 本書は名著の復刻なので、その後に発生した事件にはあとがきなどでも触れていないが、伊藤さんが経営する山荘のひとつ三俣山荘については、以前林野庁との間でトラブルがあり、一時は山荘撤去の危機にあったことを記憶している。山荘側の主張であるが、主な内容はこちらに記載されている。
* by 多摩の岳夫 * 17:12 * 山と自然の本 * comments(0) * - *
 2018.07.08 Sunday
スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 17:12 * - * - * - *
コメント